配管工事やクーラーなど家電製品の設置などを担当

地元の小さな工事会社で働いたことがあります。そこでは主に、配管工事を主軸として経営展開していましたが、ある日を境に家電製品の設置なども業務のひとつに含まれるようになりました。私が覚えている中で印象的だったのが、クーラーの設置と太陽光パネルの設置業務です。まずひとつめのクーラーの設置に関してですが、通常クーラーの設置に高所作業車や高所作業台が必要となるシチュエーションはあまりないのですが、中には家の構造的に高所作業車や高所作業台などが必要となってくることがあります。高所作業車や高所作業台などが必要となってくるシチュエーションのひとつとしては、まず、二階以上にクーラーを取り付ける場合で、その中でもその取り付け階にベランダがない場合です。このような場合はその階の外壁にクーラーに付属する室外機を取り付ける必要があります。一家まで配管を伸ばして一階に室外機を備え付ける方法もあるのですが、配管の長さには限度が当たり、配管を伸ばす費用よりも高所作業車や高所作業台を呼んでその階に取り付けてしまった方が費用を安く済ませることもあります。作業としては通常の室外機の設置と同じで、クーラーをつなぐ箇所をポンプで真空にしたり室外機と配管を固定して連結させたりする作業がほとんどです。また、二つ目の太陽光パネルの設置ですが、勤務するにつれ依頼が増えてきました。また、エコ給湯などの設置も承っていましたが、基本的に作業工程は同じでした。(男性・27歳)