高所作業台 とは。作業者の資格や作業台の種類

高所作業台を主に使っているのは工事関係者、建築業者です。高所作業台を言い換えると脚立、キャタピラという電柱工事業者が乗っているような作業台のことをさします。高所作業台について詳しく説明します。

脚立だけでも資格は必要なのか

工事現場で使う脚立は必ず資格が必要です。資格がいらないのは自宅で使う脚立のみです。そのため工事関係者全員が脚立を使うだけでも資格を取らないと作業が出来ません。最近では資格も規定が厳しくなり、工事作業を見守る責任者も資格が必要になりました。脚立を使うのは建築関係でよく使う足場の付け方、足場の解体について基本になります。キャタピラのような高所作業台の車だけではなく、脚立も資格がいるから注意が必要です。

高所作業台とは一般的に足場やキャタピラですが他にどういう種類があるのか

実は高所作業台の種類はたくさんあります。実はハシゴやハシゴのように登って作業する台もあります。フォークリストは普通に荷物を片づける種類のもあれば、高所作業台として使うフォークリフトもあります。フォークリフトはよく工事現場や建築工事関係で見かける作業台が一般的ですが、高所作業台に関するフォークリフトというのはトラックから荷物を載せたり下したりするときの違う型番のフォークリフトもあります。また高所作業車の場合10メートル以下でも10メートル以上も講習を聞くという授業を受けなければいけません。